学生でもキャッシングできるの?

キャッシング 学生

今すぐキャッシングしたいけど、自分は学生の立場、、
お金を借入とかってできるのかな?
返済できるのかどうか心配、、

 

という人は、ちょっとだけ当サイトにお時間をください!
あなたにピッタリな業者を徹底的に解説していきます。

 

あと、返済などの知識や、精神的な圧迫感なども説明しているので、
あなたの参考にきっとなると思います!!

 

是非、ゆっくり読んでいってもらえると嬉しいです!

キャッシングとカードローンの違い

学生でも利用できるキャッシングのサービスは沢山ありますが、申し込みには条件があります。その条件とは、20歳以上であること、パートやアルバイトなどで収入があること、この2つを満たせばカードローンの利用を申し込むことができます。ただし、申し込み条件を満たした後、審査に通過する必要もあります。また、仕送りだけではカ−ドローンに申し込む条件とはなりません。ここまでをまとめますと、学生がキャッシングしてお金を借りるためには、申し込み条件を満たすことと審査を通過することの2つをクリアする必要があります。学生がお金を借りる際に行われる審査では、どのような点がチェックされているのでしょうか。簡単にまとめますと、安定収入があるのかという収入面、身元のしっかりした人物かという身元保証関係、利益になるのかという収益性の3点です。もう少し具体的には、収入面とはアルバイトの勤務期間やアルバイト収入の安定性など、身元保証関係とは住居の居住実績や携帯電話以外の連絡先など、収益性とはローン支払い等の実績や借り入れ希望金額などです。審査に通りやすい学生のイメージとしては、アルバイトを長期間継続している、アルバイト先や固定電話で連絡がつきやすい、家賃や携帯電話料金などの滞納記録がない人物といった感じになります。特に注意したいのが携帯電話の支払いをうっかりして何度も忘れたことがある人です。こうした情報は同系企業間では共有されている場合が多いので、過去に滞納したことがある人は気をつけましょう。なお、よく似たものにキャッシングというものがありますが、借り方としてはキャッシングもカードローンもほとんど同じです。クレジットカードやキャッシングカードを利用して、消費者金融の窓口やATMやキャッシングディスペンサーなどからお金を引き出して借りることができます。この2つの違いはその返済方法です。一般的にキャッシングでは、翌月一括払いの返済方法が主流です。借り入れた金額に加えて利息分を追加した金額を翌月の返済日までに消費者金融等に返済します。すぐにまとまった金額が必要で、給料日などで返済できる当てがある場合や比較的少額の金額でいいから必要な場合などに向いていると言えます。一括返済のため、消費者金融等への返済金額は借りた時の金額に一カ月分の利息分を加えた金額となり、返済期間も一カ月で済むので利息の計算も簡単で返済計画も立てやすく利用しやすいと言えます。一方のカードローンの返済方法は、分割払いが一般的です。キャッシング同様、契約上限金額の中から、自由に何度でも現金を引き出すことができます。分割払いですので毎月少額ずつ返済する計画を立てます。一度の返済額が少額で、毎月の返済負担は少なく、無理のない返済が可能なのが最大のメリットですが、返済期間は長くなります。したがって、その分の利息が加算されていくため、一括払いに比較して利息分の返済額が多くなります。毎月の支払い可能金額内で、利息がなるべく少なくすむように綿密に返済計画を立てる必要があります。では次に、条件を満たしているので申し込みたい場合はどの会社を選べばいいのでしょうか。この際、まず一番に検討するべき事項はやはり利息が安いところでしょう。他には、即日借り入れが可能、特典はあるのか、消費者金融か銀行か、といった点を比較検討することになります。なお、大手の会社であれば審査等に関しては大差がないので、何かこだわりのある場合を除いては、あまり気にする必要はありません。なお、大手では特典として初回借り入れ時は金利が無利息という特典を用意しているところもあるようなので、いろいろと比較してみる価値はあるでしょう。最後に、借り入れを行う際には、本当に必要なのかをもう一度検討してから決断するようにしましょう。